埼玉県で相続税の申告をするなら東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
HOME>ブログ
カテゴリー

時事問題

いよいよ「がん保険」の取扱いが変更となります
会社の利益がたくさん出る場合、社長はうれしい反面、その利益に対する税金に頭を悩ませることになります。
顧問税理士に相談すると、節税対策をイロイロ教えてくれるでしょう。
その場合、生命保険を使った節税を提案されることもあります。

---
『相続・遺言・生前贈与』といえば、
埼玉県の関根盛敏税理士事務所  
財産の名義変更から 相続税の申告まで一括してお引受けできます。

初回相談無料!→ご予約はこちら0120-280-797
---
投稿者 関根盛敏税理士事務所 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
逆ハーフタックス 納税者敗訴 最高裁
1月13日、最高裁第二小法廷において、法人契約の養老保険を利用して法人から役員に資金を移転するスキームを巡って争われていた事件について、国側の処分を認める判決を行いました。

所得税更正処分等取消請求事件 平成24年01月13日 最高裁判所第二小法廷
 

これ、一般的には逆ハーフタックスなんて言われていたスキームです。

投稿者 関根盛敏税理士事務所 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
通勤手当の非課税規定がこの1月から変わります 手取額減の可能性
サラリーマンの方については、昨年の1月から給与の手取り額が、特に条件が変更しているわけでもないのに減っているかと思います。
これは子ども手当のバーターで扶養控除の適用範囲が縮小されたことによるものです。
0歳~15歳までの子供を扶養している場合、平成22年までは所得税の計算上、38万円の扶養控除がありました。
これが平成23年から廃止されました。

投稿者 関根盛敏税理士事務所 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ここ1年の税制改正の経過とスケジュールをまとめてみました
昨日24日から社会保障・税一体改革を審議する国会が召集されています。
これ、どういう流れの中での位置づけなのか、税理士の自分でさえよくわからなくなっているのでまとめてみました。
ここ1年の税制改正の流れです。

投稿者 関根盛敏税理士事務所 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
平成24年度税制改正大綱 閣議決定されました
12月10日未明、平成24年度税制改正大綱が閣議決定されました。
目玉となる改正はこの大綱には盛り込まれていません。
小粒な改正大綱になっています。
平成23年度の税制改正は懸案事項であった改正案をこれでもかと盛り込み、民主党が政権与党のうちに通してしまえ!とばかりの勢いが財務省にはありました。
が、結局野党の反対でうやむやになっていることを受けて平成24年度は小粒案なのかなぁなんて思っています。

投稿者 関根盛敏税理士事務所 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)